ブランジュリ タケウチ 『どこにもないパンの考え方』

どこにもないパンの考え方

このひと月ほど ジワジワと噂になっている この本
レシピ本ではなく
ブーランジェである竹内久典氏のパンに対する思いが綴られた本(らしい)


私は実際に 手に取って読んだわけではない。
というか 読みたくない。ってのが本心かも知れない。
なんだか上手く言えないけれど パンに対する思いを
言葉に・紙に著してしまうのが なんとも ちっぽけに感じてしまうからかも。

きっと 私なんかが想像している以上に 素晴らしい事を綴られていると思う
思うのだけれどね・・・
【そこまで明かさんでも・・】ってな事まで書いてあるのかなぁ・・・なんて思うと
読んでしまう(知ってしまう)のが なんとも失礼に思ってしまう私って
いったい なに?!(知らんがな)



・・とか言いながら、明日にはポチッとしちゃうかも(爆
【2008/11/13 21:50】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<笑顔の贈物 | ホーム | シャ乱Q インディーズ時代>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://20060317.blog58.fc2.com/tb.php/1161-31d0063f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |